長男卒園。

3月27日、長男の通う支援センターで卒園式がありました。

3年通った支援センターを無事に卒園することができました。

入場ではしっかりと一人で歩いて自分に席に着席することができ、卒園証書授与はトップバッターでしたが、名前を呼ばれると、「ハイッ!」と手を挙げて園長先生の前まで行き、証書をしっかり受け取って、私のところまで持ってきてくれました。

式が終わるまで、自分の席に座っていることができました。

退場も笑顔で私と歩くことができました。

本当に立派になりました。

入園した時とは比べものにならないくらい成長してくれました。

私は感動でたくさん泣きました。

 

卒園式の日の夜は、年長ママたちと数名の先生で謝恩会をしました。

先生も涙涙の謝恩会でした。

みんなで、

本当にいい園だった、ありがとう。

なんならもう3年、いや6年通わせたい。

と先生に感謝の気持ちを伝えました。

 

まぁ、実際のところ、長男のクラスは5人いる先生のうち、2人が秋頃までコロコロコロコロ入れ替わり、本当に落ち着かないクラスでした。

長男も春から夏にかけて、しょっちゅうお友達に引っかかれたり叩かれて帰ってきたり、なぜか上履きで帰ってきたり…。

しまいには個人懇談や、個別の指導はなぜか隣のクラスの先生が担当になるとかゆう訳のわからないことになってしまったり…。

でも、3人の先生は、いつも丁寧に対応してくれて、誠意も感じたのでなんとか一年我慢できました。

秋頃から入った2人の先生はとてもいい先生で、長男のことをよく見てくれて、長男もとっても懐いていました。

終わりよければ、という気持ちで、主担任の先生に「ほんとに先生たちも大変だったよね」と声をかけると、ポロポロと涙を流して泣いてしまいました。

きっと、結構クレームもあったんだと思います。

実際、子供の父親が説明を求めて園に乗り込んだ、とゆう話もあり…。

この一年辛いこと、あったんやろうなぁ。

でも、長男はどの先生も大好きでした。

もちろん辞めていった先生も含めて。

だからもういい!!

ありがとう!先生たち!!

 

さて、もう明後日が入学式です。

明々後日は次男の入園式です。

先週から長男の放デイと次男の準備登園が始まりました。

バッタバタです。