Hちゃんのその後、Kくん家族の送迎のその後。

Hちゃん問題、何にも解決していません。

とりあえず、前回の個別指導の終了後、D先生とは改めて話をしました。

 

まず、私が気になる、最近の長男の行動をまとめてみます。

 

1、次男と喧嘩をして次男を叩いてしまった長男に「叩いてはダメ」と教えると、「Hちゃん、バチン!」「Hちゃん、バチン、したのー」と言ってくる。

2、次男に向かって、仁王立ちで、腰に手を当てて、「ーーー(よく聞き取れない)!!」や「ーーーなさい!!」と叱るような口調で何かを言う。

3、「すっげー」「うまい」と、家で私や旦那さんが使っていない言葉を使う。ちなみに旦那さんは、秋の遠足の時に、長男がHちゃんに「うるせー!!」と言われているのを目撃した。

 

以下がD先生の見解。

1、長男が必ずしもその日のことを言っているとは限らず、以前に叩かれた時のことを繰り返し言っているのもあると思う。ただ、Hちゃんが長男を叩きそうになったのをD先生も止めたことはある。

2、園で職員が命令口調で子供に接することは絶対にない。仁王立ちで腰に手を当てるのは、確かにHちゃんがやっているかもしれない。Hちゃんの真似をしている可能性はある。

3、言葉づかいはお母さんからしたら気分のいいものでは無いと思う。注意していきたい。

 

D先生、悪い人ではないんですが、やっぱり隣のクラスの先生ですので、やっぱり現状をちゃんと理解しているようには思えませんでした。

ただ、たまに長男のクラスに顔を出すD先生ですら、長男がHちゃんに叩かれそうになっているところを止めてるわけですから、まぁ、やっぱりちょいちょい叩かれてるんやろうな、と確信しました。

D先生、知らんだけやろ、と。

ただ、長男が今クラスで一番仲がいいのはやはりHちゃんで、Hちゃんが一番仲がいいのも長男だそう…。

これはもう先生にはどうしようもないことで。

私的には、これ以上長男に嫌な影響が出ないうちに卒園になってくれ!!と願うしかありません。

叩かれるのはかなわん!!とも思いますが、全部を先生が止められるわけではないやろうし、子供の言葉づかいなんて、親の影響に決まってるので、先生がいくら注意したところで良くなるとは思えないし…。

とりあえず、「長男が家で少しは園でのことを話せるようになってきてるで」と、先生に思わせれたかなというくらいで、今回は一旦様子を見ることにします。

今以上に何か気になる行動が出たら、もう少し強く出ようと思います。

 

さて、さて、もう12月です。

私の母は神戸に帰ってしまいました。

とゆうことで、今週から、次男と長女を連れて、長男の送迎をしています。

で、悩んでいたKくん家族の送迎問題ですが、12月からはやらないことにしました。

旦那さんにも母にも強く反対されました。

何かあってからでは遅い。と。

そしてここにきてKくんの荒れっぷりが日によってひどく、私ももう無理やなと思うようになりました。

それに、万が一私たちが遅刻したら、Kくん達も遅刻することになってしまうわけで…。

私はぶっちゃけバスに乗れなかったら、電話一本して、「10時に園に連れて行きますー」で済むんですが、Kくん達も巻き込むことになるわけで。

小さい長女を連れて動く以上、絶対バスの時間に遅刻しない自信はないし。

 

で、Kくんママには退院してからすぐに話をしました。

もうこの時のことは思い出しただけで気分が悪くなるので書きません。

とにかく、「あーもう、だめだ、この人とはもう出来るだけ喋りたくない」と思いました。

この2年間、なんやったんやろう、と落ち込みました。

が、とにかく話は通じて、12月からは出来るだけ自分たちで歩いていく、もしもの時はバス停LINEで他のママ達に頼む、ということになりました。

 

ただ、バス停ママ友はすごく理解を示してくれました。

送迎をやめるから、12月から助けてあげてほしいと伝えると、私が言わなくても、「赤ちゃんに手が出ちゃったりするもんね」と察してくれたり、「2年間もよくやったよ、すごいよ」と労ってくれました。

涙が出そうになりました。

それだけで、まぁいいか、と思えました。

送迎はやめると言っても、毎朝バス停で会うのに、Kくんママを嫌いになってしまいそうでやばかったんですが、もう少しだけ、Kくんママに優しくしてあげられそうです。