長女誕生!

10月25日、長女が産まれました。

今日まで、バタバタとあっとゆう間でした。

入院中はとにかく眠ることに専念し、帰ってからはすぐに長男の送迎、次男と遊ぶ、を再開しました。

ただ、そうは言っても産後すぐなので、家事は一切合切母にお任せでしたが。

 

さて、今回の出産、無痛分娩でした。

理由は、もう痛いの無理、だからです。

長男の時、痛くて痛くてたまらなかったのに、次男の時に無痛にするか迷いました。

結果、迷っている間に定員いっぱいで無痛分娩ができなくなりました。

そして、次男を出産。

えらく後悔したことだけは覚えています。

旦那さんには、

「もし3人目があるなら、絶対無痛分娩にする。痛みは忘れてしまうけど、後悔するから宣言しとく。次は絶対無痛分娩や!!」

みたいなことを言ったのはよく覚えています。

とゆうことで、今回は迷うことなく、いや、やっぱり気持ちはちょっと迷いつつ、でも、行動は迷うことなく無痛分娩のできるクリニックを探し、最初の診察で無痛分娩の予約を取りました。

 

そして10月25日。

おそらく最後になるであろう出産で無痛分娩に初挑戦しました。

結果は、「9割5分痛くない!!」です。

無痛分娩の工程については詳しく書くのは面倒なのではしょります。

痛み的には、最後の30分くらいはやっぱり痛かった!!です。

午前8時半にクリニックに入り、準備して、9時半くらいから点滴で陣痛促進剤を入れ始め、すぐ陣痛開始で麻酔開始。

で、この陣痛が本当に痛くない!!

お腹が張るのはわかるけど、痛くない!!

そしてそこから午後3時過ぎまで痛くないまま。

テレビも見られるし、お昼ご飯も余裕で食べられる。

旦那さんとおしゃべりして、眠たくなったら眠って、とかしてたら午後3時。

ここからじわじわ痛くなってきました。

ただ、まだ全然我慢できる痛み。

そこから助産師さんに内診してもらって、8センチ開いていた子宮口をなんか上手いこと10センチまで開いてもらって、破水。

「出産に入りますねー」の一言で先生と看護師さんも2人現れて、一気に出産モード。

ここからが痛い!!

だけど、長男次男の時のことを思えば多分全然ましな痛みで、助産師さんに言われるがままにいきんだり、呼吸を整えたりしてたら3時38分に長女がツルッと出てきました。

本当に最後の30分だけ重めの生理痛きた!!という感じでした。

しかも、会陰切開無し、会陰裂傷無し!!

これには驚きでした。

長男の時は会陰切開、次男で会陰裂傷を経験したので、産後のあそこの痛みこそ嫌だなーとか思っていました。

が、無痛分娩のおかげで、痛みに耐えながら無理にいきむことがなかったので、裂ける事なく長女は出てきました。

病院で、ドーナツ型の座布団無しで過ごすことができました。

お風呂もトイレも楽で、本当に楽でした。

ちなみに、痔にもなりませんでした。

 

そんなこんなで私にとって最後になる妊娠と出産は終わりました。

そして、最後の新生児育児が始まっています。

魔の3週目に突入で旦那さんがあたふたしているのが面白い今日この頃です。