知的障害児の長男6歳にランドセルを買う。

海の日の月曜日、長男にランドセルを買いました。

そろそろみんな考え出す頃かなーとちょっとそわそわしていました。

支援学校、支援学級の見学の時もこっそりランドセルチェックをしていました。

 

第一志望の支援学校では、ほぼほぼ全員ランドセルで、1、2年生は全員ランドセルでした。

第二志望の支援学級も知的クラス1、2、3年生のクラスは全員ランドセル。

4、5、6年生はチェックするのを忘れてました…。

第三志望の支援学校は、見学できたクラスはどこも半々くらいの割合でランドセルとリュックでした。

 

さて、では、長男にはどちらにしようか。

まず考えたのはいつまでランドセル背負えるかな、です。

長男現在身長125センチです。

素晴らしい過成長です…。

男の子の平均身長を見るとすでに8歳、2年生くらいのの大きさです。

小学6年生になる頃に何センチくらいになってるかなー。

4歳の誕生月の身長は113センチ。

5歳の誕生月の身長が116センチ。

6歳の誕生月の身長が125センチ。

え、やばい、この一年の伸び率やばい。

12歳の身長読めない…。

 

続いて考えたのは、第一志望の支援学校は学校まで車で送迎。

第二志望の支援級の場合も同じく車で送迎。

第三希望の支援学校はバス停まで車で、そこから通学バス。

ランドセル、又はリュックを背負う時間て、門から教室までとかそんなもん?

調べると相場は3万円から6万円くらい!?と安くないランドセル。

いるかーーーーー???

 

となりましたが、やっぱりランドセル背負わせたい!!

ランドセルで入学式行って写真撮りたいーー!!

が、私の本音。

いつまで使えるとか、高いとか、とりあえずどうでもいい…かも、と。

しかも、多分旦那さんか私の両親が買ってくれそう。

(旦那さんの姪っ子は買ってもらってたし。)

でも、なんか高いし悪い…。

とかモヤモヤしながら、ママ友にも聞いてみよかな、と思っていた今日この頃でした。

 

で、なぜ急に自分たちで買ったか、というと、型落ちのランドセルが安かったから!!です。

別件で出かけたニトリ

ランドセルを背負うのが好きな長男。

(先日、お友達の家に行くと、お友達のお姉ちゃんの赤いランドセルを借りて、ずーっと背負っていました。)

なので、試しに色々背負わせてみました。

そこで気づいたのが、妙に安くなっているランドセルがいくつかあること。

これが型落ち品でした。

その中に、「え!普通にこれいいやん!!」というランドセル発見。

それがこちらの去年のものでした。

www.nitori-net.jp

お値段は半額の19,500円。

しかも長男に背負わせるとなかなか似合ってる!!

「え、もうこれでよくない?これなら安いから、体が大きくなって、ランドセルはちょっとなーってなったらリュックに替えればいいやん。元は39,000円なわけやし、悪くないやろ。」

と、旦那さんと相談して、勢いで買ってみました。

長男、嬉しかったようで、車に乗るまでずっと背負っていました。

流石に、今から自由に触らせるのもなんなので、帰ってから隠しましたが…。

 

さて、自宅にて、2019年モデルと何が違ってるのか、比べてみましたが、違いが全くわかりませんでした。

見た目(縫い目、金具の形等)はもちろん、タフガード(キズに強い)等も一緒です。

半額になる理由はおそらく2018年モデルであることと、展示品のみとなっていたので、まぁいろんな子が試しに背負ったんだろうな、といったところだと思われます。

 

ちなみに、長男の意見完全無視ですが、なんせ長男、「どれがいい?」と聞くと、赤やピンクを選ぶので、話になりませんでした。

黒だと同じ色の子と間違える可能性もありそうやし、オリーブ色、クラスに2人もいないでしょ!!ということで色も気にせず決めました。

長男も嬉しそうに背負っていたし、問題なしと思われます。

 

翌日、母にメールで写真を送り、電話で報告しました。

「もしかして買ってくれようと思ってたかなと思って」と言うと、

「むこうのご両親の意向もあるだろうから、うちではお金包もうと思ってたよ。いいのが安く見つかってよかったやん。」と。

ありがたいです。

まだどこに入学するか決まってないけど、体操服やら買わないといけないし、本当に助かります。

さぁ、ランドセルを買ったことで、より進学に向けて緊張感が出てきました。

とりあえず、大きいお腹で面接に行くことになるので、スーツの代わりになるような服を探そうと思います…。