参観日と懇談会。

今日は長男の園の参観と懇談会でした。

到着して、長男のクラスに向かうと、同じクラスの女の子と2人で入り口から顔を出して私を探す長男が。

私を見つけると、嬉しそうに、「ママきた!ママきた!」と出迎えてくれました。

可愛いじゃないかw

朝の会ではきちんと座って挨拶、歌を歌う、出席ノートにシール貼りをこなしていました。

今日の参観のメインは枝豆の苗を植える。

去年は確か何かの種だったような。

そして去年は全然興味を示さず、ほぼ私が一人で種を植えたのが、今日は長男も張り切ってスコップで土をザクザク!

一緒に植えてる感満載で楽しめました。

全部終わったらプレールームで音楽に合わせて踊ったり走ったり。

別れ際も泣かずに楽しく過ごせました。

 

さて、懇談会まで1時間半。

ママたちで就学の情報交換等で盛り上がり、懇談会も難なく終了。

かと思いきや、終わりがけにとんでもない話が!!

 

長男のクラスで個別指導と個人懇談を担当する先生は2人。

内の一人が実は妊娠中で8月から産休。

この産休の先生が担当するはずだった子供は長男を含めて3人。

これは年度始めに聞いていて、産休に入ったら隣のクラスの先生がこの3人を引き継いで担当することになっていた。

が、今日の話では新しい先生を入れる、と。

「???」

みんながシーーーーーンとなる中、思わず私聞きました。

私「今園にいる先生ではないと?」

先生「そうなります。」

私「懇談も??」

先生「心配ですよね。でも大丈夫です。ちゃんと安心できる先生ですので」

私と他の2人のママは、顔を見合わせて、「ハハ、ハハハ」と、笑うしかできない。

年長の最後の年に途中から知らない先生に指導してもらわなくてはいけない。

懇談では私は今現在長男のちょの字も知らない先生と話さなくてはいけなくなる。

不安しかない。

人が足りないのはわかるけど、けど、何もそのしわ寄せを年長に持ってくる必要あんのか?

年長やからなんか?

しかも、他のママさんが年少の先生から得た情報によると、まだその「先生」は決まっていないらしい。

これから、らしい。

あかん、初めて、園に対して不満持ってもうた…。

 

来週は今年度初の個人懇談。

これは産休前の先生。

次の担当の先生のことについて話振られたら、不満やって言ってしまうかもしらん…。