発達検査って。

土曜日、旦那さんお仕事で朝から子供達とおさるのジョージを見ながらぐうたらしてたら、ママ友から、お昼にパンケーキ焼くからおいでーとお誘いが!!

めっちゃありがたい!!

どっか出かけなあかんなー、でも、一人で二人連れて行くの大変やねんよなー、とか思ってたところだったので本当に助かりました。

ありがとう!!

 

で、パンケーキ食べながらいろいろおしゃべりをした中で出てきたのが、発達検査。

そのママ友の子は女の子。

染色体異常で知的障害児のKちゃん

近々また検査を受けるけど、どうやら今2歳くらいの発達らしい。と。

伸びない…。と。

長男も去年の10月の検査で2歳2ヶ月と言われたけれど、私から見ると、Kちゃんの方が長男よりもずっといろんなことができてる気がする。

オムツ外れてるし、自転車乗れるし、色も理解できているらしい。

長男よりも手先もずっと器用。

でも、同じくらいの発達。

なんでかなー、あー言葉かー、と。

Kちゃん、少しづつ言葉は出ているものの、言葉と意味がちゃんと繋がっていないことがあるらしい。

そして、まだ会話にはならない様子。

しゃべるかどうかで、DQの数字が下がるのか…。

 

そして、今日、いつもバス停まで一緒に行くママ友からも検査の話が。

自閉症のKくん。

先週検査を受けたけど2歳って言われた、と。

うそうそうそうそーーーー!!

Kくんもたしかに喋らないけど、2歳7ヶ月の次男よりいろいろ出来る。

衣類や靴の着脱は出来るし、運動面なんてまったく遅れてない!!

喋らないから意思の疎通は難しいけど、2歳ってことはないんじゃない??と。

でも、やっぱり言葉が出てないことが大きいらしい、と。

このまま言葉が出なかったら、手帳がA(重度)になるかもしれません、と言われたらしい。

 

喋れるか喋られないかってそんなに大事なことなのか…。

いや、喋れたらそりゃ、それが一番だけど。

でも、そんなに発達年齢に影響するなんて。

手帳がAになると、いろいろすごく手厚くなるからそれはそれでありがたい気もするけど、でも、親の心情としてはやっぱり障害は軽い方がいい。

私も、長男4歳の検査の時に、ギリギリ中度、と言われた時、いっそのこと重度に、とふと思いつつも、いや、やっぱり中度がいい、と思った。

オムツが支給されるとか、高速代が安くなるとか、タクシー券がもらえるとか、そんなことより中度がいい、と思った。

今より悪くなることなんて親は絶対に願わない。

発達検査なんて気にしなければいい気もするけど、なんやかんやで定期的に受けさせられて子供の発達を数字化されるのは、励みにもなるけど、凹むこともある。

受けたいときだけ受けさせて、と思うけど、手帳の更新のために2年に一回児相で検査して、発達支援センターや療育センターでも定期的に(1年に1回くらい)検査して、小児科の先生も進学のために、春頃一度検査しましょうと勧めてくる。

なんか、ちょっと検査受けるのいやになってきた。