次男、長男が相次いで発熱…。とてんかん。

5日の金曜日、夕方、次男が突然熱を出しました。

おやつまで元気だっったのに、4時ごろからグズグズグズグズ。

抱っこ抱っこと言ってくるので、おかしいなと思い熱を計ったら38.4度。

とりあえず急いで長男も連れて病院へ。

インフルエンザの検査はまだできないから、解熱剤を飲ませて様子を見て、翌日怪しかったらお昼頃に検査しにきて、と先生。

帰ってご飯を勧めるも食べず、ゼリーとバナナを一口食べて解熱剤を飲んで、7時過ぎには眠っていきました。

 

そして翌日、37.3度熱はあるものの元気。

食欲もあり、夜には完全復活。

ホッと一安心で、残りの休みを楽しんだら、今朝、長男が発熱…。

起きてすぐ異変を感じた旦那さんが熱を計ると37.8度。

どうやら従姉妹も長野から自宅に帰ってから38度の発熱があった様子。

次男の発熱はお正月の疲れが出たのかなとか思っていましたが、ウィルス性のものだったようです。

長男、平熱が少し低めの36.3度。

そのため、37.8度、しんどそうです。

が、解熱剤は持ってるし、たぶん病院に連れて行っても、次男と同じことを言われるだけな気がするので、明日まで様子見です。

 

さて、長男のお友達に、てんかんのある子や、発熱時に熱性痙攣を頻繁に起こしてしまう子がいます。

実は長男の障害の合併症にもてんかんがあります。

今の主治医は特に何も言ってきませんが、神戸でお世話になっていた先生には会うたびに「痙攣とかありませんでしたか?」と毎回聞かれていました。

てんかん、今のところ出ていませんが、いつか出るんではないかと、お友達のお母さんの話を聞くたびにビクビクしています。

 

ちなみに、じゃあもし痙攣等が起こったら、どうしたらいいのか。

主治医には、「最初はすぐに救急車呼んだらいいよ」と言われました。

なるほど、いいのか、呼んでも。

あとはネットで同じ障害でてんかん持ちの子を持つお母さんのブログをチェックすると、「落ち着いて、発作が起きている間の動画を撮る」と。

後から先生に見せるんだそうです。

なるほど、動画を撮るのか、了解。

いつかくるかもしれないその時にまず落ち着けるか、自信はありませんが…。

 

ちなみに一度だけ動画を撮って先生に見せたことがあります。

長男が3歳の時。

昼寝していた長男の足がビクビクと少し間隔をあけつつも10分以上痙攣していたことがありました。

聞いてたのとは違うけど、どうしよう…。

とりあえず、落ち着いて、動画動画、と撮影しました。

なかなか治らないので、最終的に長男を起こしました。

起きて、でも、まだ眠たくて寝始めると、足のビクビクは治りました。

後日、先生に見せると、「これは大丈夫」と言われました。

「いやー動画とか便利ですねー」って言われました。

ホッとしました。

 

心臓の手術が終わって、ただの知的障害児になった長男。

正直、できればこのままただの知的障害児で、ただの知的障害者に育ってほしい母です。