知的障害児の長男5歳と遠足。

昨日の遠足、結局雨で行き先変更になり、植物園に行ってきました。

遊園地行きたかった!!!!

 

移動は園バスでした。

40分くらいの移動時間を長男は静かに外を見たり、後ろに席のガールフレンドにニコニコしてみたり、終始楽しそう。

お楽しみの時間には、先生からの質問に

「お弁当にサンドイッチ入ってる人?」

「ハイ!」

「じゃー、おにぎり入ってる人?」

「ハイ!」

「ハンバーグ入ってる人?」

「ハイ!」

と、全部手を挙げる長男…。

それなりに楽しそうでした。

 

到着すると、クラスごとに集合写真を撮って、植物園見学。

動植物に興味ナシの長男です。

タダの散歩みたいになっていました。

クラスでの見学が終わったら、お昼ご飯まで自由時間ということで、雨も止んだ外へ。

外は大きな公園になっていて、長男はテクテクテクテク散歩開始。

小高い山を見つけて、斜面を登っては降りて登っては降りて…。

お昼ご飯はガールフレンドと一緒に食べて、午後も少し外で遊びましたが、雨がひどくなったので、みんな建物内でバスの時間まで待ってから、バスで園まで帰るというスケジュール。

まぁ私はそれなりに楽しかったし、長男は山登りに疲れて、帰りのバスは爆睡だったけど、やっぱり遊園地に行きたかったです。

 

この障害児の遠足というのは、当たり前ですが、普通の園児の遠足とは全く違います。

私が小さいときは、遠足って、行先がどこであろうと楽しみで、前日なんてワクワクワクワクして、当日なんて、テンション上がっちゃって上がっちゃって、みたいな、そんな感じだったような気がするんですが、障害児の遠足は全然そんなのではありません。

 

長男の場合、

まず、〇月〇日遠足行きます、と説明しても、理解できないので、楽しみにしません。

当日、車で園まで行くので、そこでようやく、いつもと違うな、くらいに思っているかもしれませんが、ワクワクする、とかテンション上がるとかありません。

 

そして、行先が興味の持てる場所なら喜びますが、そうでなければ、見るからにつまらなさそうにします。

今回の植物園、明らかに長男は楽しんでいませんでいた。

私に手を引かれて歩いているだけです。

「これ、バナナの木だよー」とか言っても、バナナ嫌いなので、無視です。

長男が唯一反応したのは、ピンク色の猫じゃらしみたいな植物だけでした。

自由時間の公園は、もうただのいつもの休日の散歩と一緒でした。

 

お弁当にも全く感動がありません。

大好きな物ばかり詰めても、お腹が空いてるから食べるだけ、です。

「お弁当だ!わーい!」

みたいなのはありません。

同じくおやつも喜びません。

なんならお弁当でお腹いっぱいで、普通に残しました…。

遠足で一番の楽しみと言えば、みんなで食べるお弁当とおやつでしょ!!!!

 

帰りのバスに関しては、乗ってすぐ、植物園の駐車場を指さして、「ブーブー、あ、あった、あった!!」と車で帰りたいとめっちゃ訴えてきました。

家の車で一刻も早く帰りたかったようです。

普通、帰るのいや、もっと遊びたいとかなるんちゃうん?です。

 

もちろん、私は楽しいです。

長男と二人で、お出かけなんてめったにできませんし、遠足ってだけで私はワクワクしてテンション上がります。

でも、親と園の自己満足な遠足という感じもします。

行先をいくつか用意して、それぞれ行きたいところで申し込んで、好きなところに行けたら、とか、ちょっとありえないわがままを言いたくなった今回の遠足でした。

 

ちなみに、雨が降らずに遊園地に行けたら、長男はもう少し楽しめたと思います。

家族で行ったことのある遊園地で、大好きな機関車の乗り物が2つあって、機関車の形をしたバスも長男は喜んで乗りました。

ゴーカートも大好きです。

ようするに、雨のせいですね、全部。

雨さえ降らなければ、こんな不満をぶつぶつ書くことはなかったと思います。

来年は、遊園地、行きたい!!!!