実家に帰省。長男次男と髪を切りに行く。その後大丸へ!!

帰省して5日目。

私の母に着いて来てもらって、長男と次男を連れてカットに行ってきました。

もちろんいつもの美容院です。

今回のカット、長男、今までで一番いい子に髪を切られていました。

一応、iPadドラえもんを見せてはいましたが、それでも、大きく頭を動かすことなく耐えていました。

長男の機嫌を見ながら、手際よく切ってくれる美容師さんも、いつもよりじっくり丁寧に切ってくれました。

座っていられず立ったまま切ってもらったり、首にタオルを巻くのを嫌がって、思い切って上半身裸にして切ってもらっていたころが懐かしいです。 

qoopi.hatenablog.com

 次男は素晴らしい安定感。

こちらはiPadでトーマスを見ながら、微動だにせず。

「え?髪切られてんで?わかっとう?」くらいの勢いでトーマスに見入っていました。

2人ともかっこよくなりました。

私がカットしてもらっている間はおやつを食べたり、美容院の中をうろうろさせてもらったり、いい子に過ごしていました。

 

カット後は、4人で大丸へ。

大丸の駐車場に車を停めていたので、買い物をすることにしました。

私が狙っていたのは551の豚まん。

絶対食べたい!と思っていたので、デパ地下へ向かいました。

 

そこでちょっとした事件がありました。

地下へ降りる階段に、長男と同じくらいの男の子と弟らしき次男と同じくらいの男の子がいました。

ふと、お兄ちゃんを見ると、何かを吐き出した様子…。

私が、階段を降りながらじーーーーーーっと見ていると、向こうも見返してきます。

「こいつ、何かやましいことしたな。」

と思い、目をそらさず横まで行きました。

「ガム、出したの?」

と聞くと、うなずく少年。

ティッシュあげるから、自分で拾える?」

これまたうなずく少年。

ティッシュを渡してあげるとさっと拾いました。

「ゴミ箱に捨てるか、お母さんに渡すんやで。」

これにもうなずいて、弟を置いて走り去っていきました。

そして、この弟くん、どう見ても次男と同じ2歳になったばかりくらいの男の子。

お兄ちゃんを追って、せっせと階段を降りる姿が危なっかしすぎて、母と階段から落ちないように見守って、デパ地下に入っていくのを確認してから私たちも入りました。

すると、さっきのお兄ちゃん発見。

どうやらティッシュはお母さんかお父さんに渡した様子。

今度は両親の横からこちらをじーーーーーーっと見てきます。

「あ。こいつ、チクられると思ってんな。」と思ったので、

「大丈夫。」

と言ってあげると、またまたうなずいて、お父さんの陰に隠れました。

 

なんでしょうね、私、この両親にめっちゃイライラしました。

子供ちゃんと見てろよ、と。

お肉屋さんの前で二人で何を買おうとしとったんかしらんけど、どっちかちゃんと見てろよ、と。

お兄ちゃんガム、階段に吐き出してたで?

ガム出したがってるって気付いてやれよ!!

弟よちよち階段一人で降りてたで?

階段踏み外して落ちて頭打ったらどうすんの!!!!

あかんやろ、どっちもほっとったらあかんやつやろ!!!!

 

と、だいぶイライラしながら551へ行ってきました。

551、いいですねーーー。

豚まん、おいしいですよねーーー。

関西にいたころは、食べたくなれば簡単に手に入った551の豚まんですが、今はそうは行きません。

普段551の豚まんを買えない私を不憫に思ったのか、母がたくさん買ってくれました!!

シュウマイも買ってくれました!!

ありがとう!!お母さん!!!!

私のこの日の晩御飯と、次の日の朝ごはんは豚まんでしたが、2日続けて食べても大満足でした。

 

そして、この日、実感したのが建物の高さ。

次男が、元町を歩いた時に、ビルを見上げて一言、「おっっっっきーーーー!!!!」と言いました。

そうだね、君は知らないよね、大きいビルなんて家の近所にはないもんね。

いつもは散歩中に空見上げたら、飛行機もヘリコプターも、ずっと向こうの方まで飛んでいくの見えるもんね。

次男のこの一言で、もっと関西のいろんなところに連れて行ってあげたいな、と思った母でした。

 

qoopi.hatenablog.com

qoopi.hatenablog.com

qoopi.hatenablog.com

qoopi.hatenablog.com