知的障害児の長男5歳。永久歯が生えてきた!!!!③

昨日、歯医者に行ってきました。

 

長男をいつも通りバス停に迎えに行って、いったんマンションまで戻り、仕事を抜けてきた旦那さんと駐車場で合流。

息子二人は突然のパパの出現にテンションMAX!!

「パパ―!!パパ―!!」

を二人で連呼。

これからお出かけと思った長男は、

「いこかー、いこかー」と超ご機嫌。

行くよ、歯医者にね…。

 

PM3:15に予約していた歯医者さんに30分ほど早めに到着。

母が問診票やらを書いている間も、長男はパパがいるからご機嫌。

診察室に呼ばれてもまだご機嫌。

が、診察台の前まで行ってようやく異変を察知。

「長男くん、座って、座って。」と促すも

「やだ、やだ。」と半泣きで拒否。

でも、こういう時わりと諦めのいい長男は、半泣きになりつつも座る。

えらい。

首にエプロンをするのを嫌がりつつも、やはり諦めてつけさせてくれる。

ほんとにえらい。

 

が、先生が来てイスが倒れると号泣!!!!

「わーーーーーーー!!!!!!!」と泣く。

が、都合のいいことに口は全開…。

看護士さんが肩を押さえて、私が腕と下半身を押さえ込んで、先生が歯をチェック。

「ちょっとぐらぐらしてるけどね、抜こうか」

めちゃめちゃ早い決断!!

そして、別の看護師さんがさっと麻酔を渡す。

は、早い!!!!!!

長男その間も号泣!!でも、やっぱり口が全開でこちら的には好都合…。

麻酔に3,4分くらいかかり、どこからともなく出てきたペンチ!!!!

いつの間に!!!!と私が思った次の瞬間には歯が抜けていました。

一瞬でした。

先生がガーゼをあてて止血。

これも2分くらいで完了。

「終わったよーー」と先生に言われて、

長男泣きながら「やったーーーーーー!!!!やったーーーーーー!!!!」

イスから降ろして抱っこしてあげても、

「やったーーー!!!やったーーー!!」言ってました。

 

待合室に戻るとのんきに次男と本を見ている旦那さん。

「どうなったん?」

「抜いたよ」

「え?そうなん?」

あまりの早さに驚いた様子。

泣きすぎて汗だくの長男を着替えさせて会計を済ませて外に出ると、長男、すでにいつも通り。

パパと手をつないでさっさと車へ。

抜いたところを触って気にしつつも無事帰宅しました。

 

抜いた歯がこちら。

f:id:Qoopi:20170907120733j:plain

小っちゃい歯です。

母は早速歯を保管するケースを買いました。

 

なんとか無事に終わりました。

どうなるかと思っていましたが、終わってみたらあっちゅう間でした。

そして、長男よう頑張った!!

 

で、帰る前に先生に残りの歯についても聞いてみました。

あと9本ある乳歯はどうなるのか、と。

先生曰く、

「今回のようになるのは前歯の4本だけ。

でも、やっぱり自然と抜ける方が痛くないから、歯磨きをするときに、ちょっと指で前歯を刺激してあげてください。

そうすると少しずつぐらぐらしてきて次の歯が生えてきたら自然に抜けますよ。」

とのこと。

なるほど。

めっちゃ噛まれる危険あるけど、母、頑張る。

 

ちなみに、長男の同級生のK君の場合、治療も大変だけど、治療後に麻酔が効いているせいで口の中や唇を噛みまくって唇が腫れあがってしまったのも大変だったそう。

まぁこれは私でもうっかりやっちゃうんですが、障害児だと、「しまった!!」と思わないから何回も噛んでしまうのかな…。

とりあえず、長男には治療後2時間以上は飲み食いを禁止しました、というか、好きなテレビを見せまくってそちらに集中させました。

5時半に晩御飯をもりもり完食。

口の中を噛むことはありませんでした。

 

とりあえず永久歯については一旦おしまい。