息子の障害を友達に打ち明ける。

今日は長男の通う園で仲良くなったママ友3人で、おいしいケーキでお茶会しました。

話はやはり子供の事。

それぞれ全く違う障害を持つ子供の親だけど、やはり、話が合います。

隠すことなく、なんでも話せて、そして共感できます。

とても、楽です。

子供が障害児であることが「普通」なもの同士の子供ネタの会話は本当に楽しいです。

 

でも、私の友達の大半は、子供が障害児であることが「普通」ではありません。

長男が産まれる前からの友達の子供たちは私の知る限りではみな健常児です。

では、そんな友達に長男の事をどう説明するか。

 

私は基本的に長男が障害児であることを秘密にはしません。

長男が産まれてすぐに障害があることを告知されたので、手術して退院してからお祝いに来てくれる友達には順番に「染色体異常で障害があんねん」と言っていきました。

これは、正直とても辛かった。

みんな「おめでとう」と来てくれてるのに…。

 

でも、言わなくても、そのうちみんな分かる。

「おめでとう」と家まで来てくれるくらいの友達はきっとこれからも友達。

たまに会ったりしているうちに、「あれ???」と長男を見て思われる。

子育てをしてる子なら間違いなく気付く。

で、「なんかちょっと普通じゃない気するけど、気付いてんのかな?」とか思うかもしれない。

てか、そんなこと絶対思われたくない!!

と思ったので、最初からちゃんと言っていくことにしました。

 

このことは、私的には正解だったと今は思っています。

小さい小さい長男を見て、みんなただただかわいいと思ってくれていたのは間違いないし、「障害があって、運動面も知的面も発達遅いらしいねん」とか言われても、目の前にいるのはまだまだ新生児な赤ちゃんだし、みんなイマイチ実感がなかったのか、案外重い空気になることはありませんでした。

そして、その後も私がニコニコして長男をかわいがっていればみんなそのままの長男を受け入れてくれました。

本当にいい友達ばかりで、よかった。

 

ただ、一度友達にしんどいことを聞かれたことがあります。

高校時代からの友達にこんな相談をされました。

「友達のところに産まれた子供がどうやら障害があるみたい。

 夫婦で仲良くしていてよく赤ちゃんと遊びにくる。

 発達が遅いこととかは相談してくれたりする。

 でも、障害がある、とか詳しいことは二人とも話してくれない。

 こういう時って、こっちから聞いてもいいのだろうか?」

 

そんなんしらんわ!!!!!!!!!!

これだよ、私が一番恐れていたのは…。

こんな風にモヤモヤする人がいるから、私は最初にみんなに長男の障害を伝えたんや。

でも、自分以外の人の事なんてわからん。

世の中には気付かれないように隠す人もいるやろうし、聞かれたら答えようと思ってる人もいるやろうし、見たらわかるでしょ、察してよって思ってる人もいるやろうし、そんなんしらん。

ていうかなんでそれをうちに聞く???

障害児の親やってるから友達の気持ちわかるんじゃないかと思った?

わかるわけないやろ!!!!!!!!!!

とは言いませんが、思いました。

 

確か、その時は、だいぶ考えて、

「産まれてすぐ障害がわかると、その子がどうやって成長するのか分からんから、不安しかないねん。でも、1年とか2年とかして、その子なりに成長していくと、希望もちょっとは見えてきて、親も子供に障害があることに慣れてくるから、そんくらいになったら向こうからなんか言ってくるかもよ。もうちょっと様子見てあげたら?」

みたいなことを答えてあげました。

さすがに「聞いてみたらいいやん?」とは言えませんでした。

 

正解のない難しい課題です。

実際みんなに長男の障害を伝えるという作業は苦しかった。

よく泣かずにみんなに伝えられたなと思います。

長男が産まれて数か月はグジグジグジグジひとりで泣くこともあったので。

でも、友達に答えた私の答えは、まんま私に当てはまります。

長男が1歳になって一人座りができるようになって、2歳でハイハイができるようになって、「歩けるようになるかも!!!!」と希望を持つことができました。

療育手帳を取得して、早く療育始めよう!!と思ったのも1歳でした。

ネットで長男の障害の事を調べまくってたのをやめたのも1歳になったころでした。

3歳になって歩いた時には「天才やーーーん!!」とか思ってました。

 

友達の友達とその子供さんのその後を私は知りませんが、ニコニコ子育てしてくれてるといいな。

自分の子供に希望を持っていてほしいなと思います。