初めての海。初めてのかき氷。佐渡島へ家族旅行①

旦那さんが金曜日に有給を取って、1泊2日で佐渡島へ行ってきました。

ちなみに義両親、義姉家族と一緒に。

 

AM9:20に新潟港からカーフェリーに乗っていざ出発!!!!

ちなみに、息子2人は人生2度目のカーフェリー(前回は神戸港から小豆島へ)。

フェリー内では私が長男、旦那さんが次男を見るという感じで過ごしました。

 

障害のある子供は普段乗らない乗り物に乗るときや入ったことのないところへ入るときパニックになったりすることもあるようです。

事前に写真を見せて、「ここに行くよ」と教え込んで出かける方もいるようです。

が、長男は基本的に遊園地の乗り物以外は何でもオッケーで、今回もいい子に乗って、新潟港から両津港までの2時間半、船内を散策しまくっていました。

むしろめっちゃ楽しんでいました。

おかげで私はまったく休めず…。

ばっちり充電して持って行ったタブレット意味なし…。

 

次男はカーフェリーの周りを飛ぶうみねこかっぱえびせんをあげまくっていましたが、途中から、これうまいやん!!と気づいて自分で食べるのに必死だったそうです。

さすがです。

 

到着する前にお昼ご飯を食べて、万全の態勢で両津港に降り立ちました。

ちなみに私が食べた佐渡カレー、ご飯の形が佐渡、なだけでした…。

でもわりとおいしかったです。

 

さて、義両親と義姉家族は直江津から小木航路で別々に佐渡入りし、合流はPM3:00に佐渡金山。

それまでどうしようということで、途中の海岸に寄ることに。

f:id:Qoopi:20170807104453j:plain

二人とも初めての海にビビりまくり。

足をちょこっとつけて終了…。

f:id:Qoopi:20170807101249j:plain

f:id:Qoopi:20170807101237j:plain

でも、初めてのかき氷は興味津々!!

 

長男は2歳半くらいまで冷たいモノは絶対食べませんでした。

今ではソフトクリームが大好きで、とうとうかき氷も食べられるように!!!!

これもまたうれしい成長です!!

 

あまりに暑すぎたので、その後はドライブへ。

尖閣湾揚島遊園でお土産を買って、佐渡金山へ!!

じいじとばあばと合流です。

はい、ここから私、嫁モードにスイッチオンです。

 

佐渡金山、小さい子供もいるし、ということで、一番短い江戸金山絵巻コースで行ってきました。

www.sado-kinzan.com

まずびっくりなのは、外は30度を超える暑さであるにも関わらず、一歩入った瞬間から気温10度の涼しさ!!というか寒さ…。

そして、階段階段階段。

階段好きの長男はぐんぐん歩いてくれました。

ところどころで人形のおじ様たちがお仕事をしていて、長男は「こわーい」とか言いながら、なぜかニヤニヤ。

長男と一緒だとなかなかゆっくり説明書きを読むことはできませんでしたが、金鉱石を掘るお仕事はなかなか待遇のいいお仕事だったという事はよく分かりました。

 

そして最後はお待ちかね!純金ソフトクリーム!!!!

お義母さんに買ってもらっちゃいました!

写真がないのが残念ですが、見た目はミルクのソフトクリームに金箔がパラパラといった感じ。

このソフトクリーム、思った以上においしかったようで、すごい勢いで、長男に全部食べられてしまいました。

家の近くでよく120円のソフトクリーム買ってあげるんですが、それと比べると3倍くらいの速さで食べてしまいました…

まだ自分でちゃんと食べられないので、いつも一つ買って、食べさせてあげて、残りを私が頂戴しています。

はよ自分で食べれるようになれやー!!!!

あぁ、純金ソフト、食べたかった…。

 

佐渡金山を満喫した後は、国際佐渡観光ホテル八幡館へ。

こちらのホテル、部屋はとっても広くて、息子たちは自由に動き回れて、晩御飯もおいしくて、快適なんですが、なかなか時代を感じさせてくれるホテルでした。

20年くらい前で時代が止まっているというかなんというか。

面白かったのが、仲居さんがロビーをテクテク歩く長男に「おぼっちゃま、おぼっちゃま」と声をかけた時!!

おぼっちゃまて!!!!

長男も自分の事とは分からず無視。

「すいませーん」と長男を追いかけながら、ちょっと笑いそうになってしまいました。

 

ちなみに今回の旅行で初めて、長男がホテルのトイレでおしっこをすることができました。

途中途中でオムツの確認をしても濡れてなく、トイレに連れて行っても出なかったので、「どうする気や」と思っていたら、ホテルについてしばらくしてからオムツに少しした長男。

旦那さんにトイレに連れて行ってもらったら、30秒ぐらいずっと出てた!とのこと。

夜寝る前ももちろん、朝一に関しては「ママ―、ママ―!」とゆすって起こしてくれて、トイレですることができました。

偉いぞ!!!!

 

続く