長男の特別児童扶養手当。

長男は障害児なので、特別児童扶養手当というものをいただいています。

3月に「特別児童扶養手当再認定届の提出について」という手紙が市から届きました。

昨日市に提出してきました。

ちなみに現在は重度の判定で満額もらっています。

兵庫にいた時は中度でした。

 

新潟に引っ越してきて、この特児の判定の違いについて少し戸惑いました。

住んでいる地域によって、判定の仕方が違うことに驚きました。

 

兵庫にいた頃は、

発達支援センター(もしくは児相)で発達検査

検査結果をもとに区役所で療育手帳発行

(検査結果は区役所とセンター間でやり取り)

療育手帳の判定を元に、そのまま区役所で特児の手続き

 

という感じで、とても楽でした。

が、新潟では、

療育手帳を更新した際の発達検査の結果を児相に自分で取り寄せ

検査結果と市から送られてきた診断書を小児科に提出して、診断を受け、診断書を書いてもらう(診断書を書いてもらうのに4000円程必要)

再認定届、診断書、証書を区役所に提出

 

ちょっと面倒くさい。

でも、お金をいただけるので文句はありません。

なんでもします。

戸惑ったのはこの後です。

2年前初めて再認定届けを提出したところ、しばらくして、特児の額改定通知書というのが届きました。

見ると支給額が満額に変更!!

え!どゆこと?

とよく見ると、長男の等級が2級(中度)から1級(重度)に変更になっていました。

長男は重度なの???とショックでした。

特児が重度になるならば、手帳も重度になるの?とすぐに区役所に電話をしました。

結果、新潟では、特児の判定と手帳の判定は全く別物です、と。

地域によってそんな違いがあるのか。

通りで手間がかかるわけです。

 

結果、現在満額ありがたく頂いています。

長男が障害児で産まれたことによって、産後働こうと思っていた私の予定が色々変わったので、大変助かります。

 

そして、この新潟の特児の手続きのための診断書の内容はというと、主に、普段の生活をどれだけ介助なくできるか、というところに重点を置かれているような気がします。

全介助、半介助、介助なし、3つから丸をつけていく方式。

ご飯はどのくらい自分で食べられるか。

お風呂で体や頭を洗えるか。

朝の身支度を自分でできるか。

トイレはどの程度できているか。

危険な物を理解できているか。

などなどです。

それに加えて、問題行動のチェック。

それらを総合して医師の見解。

児相での検査とは本当に全くの別物です。

 

返してもらった診断書を見ると、「重度の知的障害児」と書かれていました。

ああ、このままではいかんなと思いました。

甘やかしすぎました。

園では1人でご飯を食べているのに、家では、「ママー」と言われたら口に入れてあげています。

お風呂は全部やってあげています。

朝は、ご丁寧に顔を拭いてあげています。

着替えも、ズボンは自分で履かせますが、シャツは着せてあげています。

次の再認定までに、一つでも半介助、介助なしを増やさないと、家ではなんもしてへんやん、みたいな状態になってしまいます。

昨日の晩から、頭は自分で洗うように促しています。

少し、意識的に色々させていこうと思います。

お金をもらえるのはありがたいけれど、なんだか考えさせられて、ちょっとショックを受けた私です。

性別は…。

本日6ヶ月の妊婦健診に行って来ました。

性別が、分かりました!

女の子です!

まぁまだ疑っています。

長男の時は最初は女の子と言われて、後から、「あれ?なんか挟んでる」と言われたので…。

でも、今回のクリニックの先生、すごく自信満々でした。

「男の子だと、まずこうはうつらない。」と。

ちょっと期待してしまいます。

 

さて、女の子となると、使いまわそうと思っていた服等が使えません。

次男が着れなくなった服をどうするか…。

特にズボン。

長男が歩くのが遅く、ハイハイの時期が長かったので、長男が履いていたズボンは膝が薄く、次男にはほぼ新品を着せています。

旦那さんのお母さんがたくさん送ってくれるので、枚数も十分あり、ちょっともったいない…。

次男より小さい従兄弟は2名。

一応聞いてみようかな。

そして、出産前に少し家の中を片付けたいなと思う今日この頃です。

今のままだと、ベビーベッド、置ける気がしない…。

特別支援学校の見学。Kくんが次男を叩くの続き。

昨日、第一志望の支援学校に旦那さんも一緒に見学に行ってきました。

詳しくは書きませんが、やっぱりまずはここを受験しよう、と決めました。

手厚さ、建物の綺麗さ、先生方の様子、在校生の様子(小学部から高等部まで)を見て悪くないな、と。

そして、思っていたより家から近い!

送迎をしなくてはいけないのが少し心配でしたが、実際に家から車で向かってみると、混んでなければ10分ちょっとで到着。

余裕や!

まだ支援学級の見学に行っていませんが、私も旦那さんも受験することに関しては意見一致です。

なんせまずは受けないことには絶対入れませんので…。

 

さて、昨日は見学の後、長男は園での訓練があったので、帰りはお迎えに行き、先生と最近の長男のお話をしてきました。

長男、少し前まで、次男がちょっと近づくと軽く突き飛ばしてしまうということがあり、園でもお友達を突いてしまったり、お友達に「ねぇねぇ」とするときに力の加減ができず強く叩いてしまうことなどがありました。

これが、だいぶ治ったようです。

家でも次男をむやみに突き飛ばすことはなくなり、園でも「ねぇねぇ」と手を触れずにできるようになってきたそうです。

先生が根気強く教えてくれたおかげです!!

この1週間は次男が長男と遊んで、最終的に泣かされるということもかなり減りました。

長男、力の加減がわかってきたようです。

 

そんな話のついでに、先生にKくんが次男を叩くという話を聞いてもらいました。

どう対応してあげたらいいか聞いてみました。

が、あまり参考になるお返事はいただけませんでした…。

 

先生が言うには、

年長さんになって、お友達との関わりを楽しむお子さんが増えてきた。

Kくんもそういうところもあるが、お友達に触られるというのは嫌がる傾向があって、触られると手が出ることがある。

その時は、「叩いたらいけないよ、痛いよ」と教えるが、Kくんは教えようとするとさらに興奮して「わーー!!」となって保育士も叩いてしまうこともある。

でも、とにかく言って聞かせるという方向でやっている。

K君が次男からおもちゃを取ってしまった時も、「返そうね」と言って自ら返してくれたらそれがベストだけど、できないならば、大人が介入して、取ってはダメ、と教えて取り上げた方がいい。

おもちゃを次男君から取り上げるのも叩くのも衝動が抑えられないからで、どちらもしつこく教えていくしかない。

 

ということでした。

K君だとこういう風にするのが効果的、とかは無いようです。

やはり私にできることはないのかな、といった感じです。

 

ただ、K君のママに変化が見られました。

今朝はK君が車に乗ってすぐ助手席に行かないようにすぐに3列目に誘導してくれました。

バス停に着いてバスを待つ間は前に来ようとするK君をK君の好きなおもちゃで気を引いてくれました。

以前は、おもちゃや本は園にも持って行きたがって騒ぐから、と何も持っていませんでしたが、最近のK君は私が貸してあげたミニカー(次男がおもちゃを取られそうになったら代わりに渡していました)をちゃんと車から降りるときに「返してねー」と言うと返してくれるようになったのでこれを機に解禁になったようです。

K君に「叩く」いう行為をやめさせるために効果があるかは別として、Kくんママもなんとかしようと考えてくれているんだな、とは感じました。

それだけで、今は十分な気がしてきました。

もう少し様子を見ようと思います。

地震ですね。

関西で地震ですね。

新潟の我が家は朝Eテレを見ていた次男が、「ママー!ママー!」と、洗濯物を干していた私の元へやってきました。

何さ何さとついていくと、Eテレ画面の半分以上が緊急地震速報になっていました。

地震が来ます、気をつけてください」というやつです。

次男はテレビがおかしくなったから直して欲しかった様子。

直せるわけもなくしばらく待つと兵庫県で震度5と!!!!

びっくりして母に電話をするもしばらく繋がらず…。

少し待つと「びっくりしたよー!!」と電話に出てくれました。

私の家族はほぼほぼ関西に住んでいます。

そのうち大阪にある職場に向かっていた姉は乗っていた地下鉄が止まった…と。

みんな大丈夫そうですが、午前中の用事を済ませて帰ってくるとニュースで死者が出たとやっていました…。

言葉が出ません。

私も地味に阪神大震災経験者です。

みんな怖かったろうな。

このままおさまってほしいです。

Kくんが、次男を叩く…。

長男の園バスのバス停に向かう際、途中で同じクラスのKくんと弟TくんとKくんママを拾ってバス停まで送迎しているわけですが、相変わらず、Kくんが次男を叩きます。

以前は助手席が長男、運転席の後ろが次男で、助手席の後ろのドアからKくんが車に乗ってきた瞬間次男を叩く、ということもあり、席替えをしました。

今は助手席が次男、運転席の後ろが長男です。

 

長男は体が大きいからかKくんに叩かれることはありませんし、おもちゃや本を持っていても奪われません。

が、次男は助手席にいてもおもちゃを持っていれば奪われます。

そして、次男泣きます。

次男がKくんに何か言うと、容赦なく叩かれます…。

「Kくん叩いたー!!」と次男泣きます。

 

朝は私が運転席にいるので、おもちゃを取られてもすぐに対応できます。

叩こうとすれば私が止めることもできます。

が、帰りは私も長男を座らせてシートベルトをしめたりで運転席を離れます。

昨日も、長男のシートベルトをしめているときに、「パチン!」と聞こえて、次男が泣き出しました…。

「Kくん叩いたーー!!」と。

 

正直対応に困っています。

Kくんより小さい次男は、少しの抵抗はできますが防御も反撃もできません。

Kくんのお母さんもTくんがいるのでKくんを止めてくれません。

いつも事件が起こってから、「ごめんね、次男くん」と。

明らかに叩くところを私やKくんママが見たときは「K!ごめんなさいは!」と叱ってくれますが、それ以外は軽くスルーされることもあります。 

次男はまだ嘘はつかないので、叩かれた、というからには叩かれているんだと思いますが…。

私はどこまで口出ししていいのか。

自閉症ADHDのKくんにどう対応するのが正解なのか…。 

 

以前からそういうことはありましたが、明らかに最近酷くなっています。

次男がかわいそうになってきました。

障害のせい、と言ってしまえばそれまでなんですが、事情のわからない次男からすれば全てが理不尽なはずです。

しかも、Kくんからはちゃんと謝ってももらえません。

言葉がまだ出ていないので、「ごめんなさいは!!」と言われると、ちょっとだけペコっと頭を下げるだけです。

次男をきっちりフォローしないと…。

 

そして、次男ももちろんかわいそうなんですが、さらに心配しているのは、冬前には3人目が産まれるということ。

手伝いに来てくれる両親がいるうちはいいんですが、帰ってしまったら、長男次男と一緒に3人目も車に乗せてバス停まで行かなくてはいけません。

チャイルドシートは助手席には乗せられないので運転席の後ろに置きます。

万が一にも叩かれたら困るんやけど…。

 

qoopi.hatenablog.com

qoopi.hatenablog.com

qoopi.hatenablog.com

qoopi.hatenablog.com

qoopi.hatenablog.com

qoopi.hatenablog.com

妊娠6ヶ月。男の子か女の子か。

さて、妊娠6ヶ月に入りました。

体重はプラス2〜3キロ程度です。

むくみなし、便秘なしで順調です。

ただ、やはり眠い…。

多い時は昼寝もして、1日に10時間くらい寝ています。

子供か!!っていうくらい寝ています。

そのせいか、1日が早い…。

1週間がすぐ終わります。

で、あっとゆう間に6ヶ月です。

 

さて、来週妊婦健診に行きますが、そろそろ性別がわかる頃です。

3人目の子供ですが、上2人が男の子なので、周りにはやっぱり言われます。

「やっぱり女の子が欲しいよねー」とか、

「女の子が欲しいから3人目作ったんでしょ?」とか。

まぁ、欲しいよなぁ、女の子。

でも、期待すると男の子だった時ショックも大きいので、「いや、むしろ男の子が欲しい!」と言いまくっている私です。

「女の子やったらラッキー!くらいの感じやで」と。

まぁ、男の子だったら、なんでも揃ってるし、オモチャもそのままあるもので喜んで遊ぶだろうし、長男も次男もめっちゃ可愛いし、実際男の子でも全然いいんです。

 

そういえば、長男は、7ヶ月まで女の子、と言われていました。

挟んで隠してたんでしょうねー。

8ヶ月の健診で「あれ?なんかついてるかも。」と、先生に言われました。

1人目なので、最初はどっちでもいいと思ってましたが、一度女の子と聞いたら、そこから色々想像を気がついたら始めてました。

まだ買わないけど女の子の服を見てしまったり、街で見かける小さな女の子を「可愛いなぁ可愛いなぁ」といつも以上に見てしまったり。

髪結ってあげなきゃなーとか考えていました。

旦那さんに関しては、「パパー」とお父さんに駆け寄る小さな女の子を見て、「俺もあんな風にパパーって言われるんかな」とキュンキュンしてました。

が、男の子でした。

8ヶ月の健診から、ばっちりエコーに映るようになりました。

なんでしょう、なんかちょっと「なーんだ…」って落ち込みました。

5月生まれの予定だったので名前も「さつきちゃん」に決めて、お腹に声かけていましたが、男の子とわかって、一旦保留になり、私が妊娠中芋を好んで食べてたので一時的に「いもた」になりました。

しかも女の子と思っていたので、男の子の名前を考えても考えても思いつかず、旦那さんのお父さんにお願いしました。

今では長男にとって、その名前が一番しっくりきているのが本当に不思議です。

「もうさつきくんでもいいか」なんて思ったりもしましたが、長男は絶対さつきくんではなかった!!んですよね、不思議です。

そして、長男、かわいい!!

あのとき少しの間でも落ち込んでごめんやで!って思います。

 

なので、3人目もやっぱりどっちでもいい!!

けど、希望を言うならば、できれば健常児がいい。でしょうか…。

もし、障害があっても、それもまた受け入れますが、希望はね…。

障害児育児も悪いことばっかりじゃないけどね、できればね。

知的障害児の長男6歳、特急電車に目覚める。

新幹線が大好きな長男。

0系からN700Aまで、E1系からE・W7系まで、すっかり頭に入っています。

この間STで使った乗り物パズルで、先生がバスやら電車やらを「これは何?」と一つずつ聞いて長男にやらせたところ、新幹線だけ「100系」と答えた長男。

先生は意味が分からず、「あれ?長男くん、これは何かな?」と。

「先生、長男、今100系って答えまして、その新幹線の絵はまず間違いなく100系新幹線かと思います…。」と私が言うと、先生は「そうなんですね!」と笑ってました。

 

そんな長男が最近しつこく朝一で特急電車のDVDを見るようになりました。

気に入った特急から覚えていっているようです。

見ながら、「つがる」やら「宗谷」やら「ソニック」やら言ってます。

どうやら北海道と九州の特急にお気に入りが多い様子です。

新幹線と違って数の多い特急電車ですが、長男はどこまで覚えることができるのか。

そして、私はどこまで長男についていくことができるのか…。

私も旦那さんも、もちろん長男のために新幹線は全て頭に入れました。

でも、私は正直特急は自信ない!!

でも、長男と会話したいから覚えたい!!

まずは長男が朝4時半から見るDVDを横で寝ずに一緒に見られるか、頑張ってみようと思います。

と思いながら今朝は気づくと寝ていた私…。