実家に帰省。大好きだった御影高杉の閉店。

私の実家に一週間ほど帰ってきました!!

旦那さんが四国でお仕事の為、途中までついでに一緒に行くという作戦。

のんびり楽しんで参りました。

 

今回の旅の目的は

  1. 久しぶりに東海道・山陽新幹線を見に行く!!
  2. 産休に入った友達に会う!!
  3. 幼馴染の誕生日会をする!!
  4. 子供が産まれた友達に会いに行く!!
  5. 家族でカットに行く!!
  6. 御影高杉のケーキを絶対2回は食べる!!

台風が来ていたりでどうなるかと思いましたが、全て無事に成し遂げることができました。

思い出してぼつぼつ書いて行こうと思います。

 

で、まずはいきなり番外編、御影高杉について。

こちらのお店、8月末に本店が閉店してしまいました。

www.kobe-np.co.jp

私はヤフーニュースで知りました。

実家から車で15分ほどのところにあるお店。

私は、ここの苺のショートケーキが大好きでした。

どこのショートケーキよりも御影高杉が一番おいしいと思っていました。

たぶん、そう思っていた神戸っ子は多いはず。

が、しかし、閉店。

ショックすぎて言葉になりません。

たまに本店にケーキを買いに行くと見かけることがあった高杉さん。

もうちょっと続けてほしかった。

 

閉店の理由は後継者がいないから、とか。

 

ええやん、後継者おらんくても…。

お店のケーキやって全部高杉さんが作ってるんちゃうやん。

苺のショートケーキ、若いお姉さんが作ってたやん。

高杉さんは経営だけしてたらええやん。

 

けど、閉店。

仕方ありません。

次帰る予定は9月。

8月末で閉店する本店には行けない。

けど、そごう神戸店と西宮阪急は9月末までやってるらしい。

間に合う!!まだ食べられる!!

絶対買いに行こう!!

と心に決めました。

 

まずは幼馴染にLINEしてみると、毎日行列できてるらしいよ、との情報が…。

だよね。

でも、そんなことで諦められないので、近い方のそごうに行くことに決定。

さて、いつ行けるか。

まずは幼馴染の誕生日会の日に御影高杉のケーキでお祝いしよう!

午後からだから、朝一にそごうへ行くぞ!!

で、旦那さんも実は9月が誕生日なので、旦那さんが仕事から帰ってくる次の日に、これまたお祝いしよう!という事に決定。

待ってろよーー!!苺のショートケーキーーーー!!!!!

と、気合十分に神戸へ向かいました。

 

ちなみに、神戸に帰ってから、一度だけ、御影高杉の本店があった建物の前を通りました。

もう、すでに看板等なくなっていて、中も何やら工事が始まっていました。

もう次入るとこ決まっとんのかな…。

一個580円の苺のショートケーキ。

ちょっと高いけど、毎日は無理やけど、近所に住んでる間にもっと飽きるくらい食べといたらよかった。

いや、でも飽きんねんよな、あのケーキ…。

もうすでに、また食べたい…。

 

続く。

我が家の関西弁事情。

先日、長男のガールフレンドのママさんに、

「ややこしいってどういう意味で使ってるの?」

と聞かれました。

私は、次男がちょっと何かしでかした時に、

「もー、ややこいなー」

と言うのですが、その意味が分からなかったそうです。

こちらでは基本的にややこしいという言葉を使うことがないようです。

「面倒くさいとかかな」と答えると何となく納得していました。

子供に対して面倒くさいなんて言うのはちょっと…。と思われてしまったかもしれません。

私的には「愛情たっぷりの面倒くさい」が「ややこい」なんですが。

 

我が家は、私はもちろん、旦那さんもバリバリの関西弁です。

今住んでいる地域は何弁か知りませんが、みんな標準語みたいな話し方をします。

私も外では標準語をしゃべっているつもりですが、やはりイントネーションが全然違うらしいです。

 

「何が違うんですか?」

と聞いたら、「何が違う」の「何が」の言い方が違うと言われました…。

なんやそれ…。です。

 

もうどうしようもないので、最近は仲のいい人には標準語にするのを諦めました。

ガンガン関西弁使います。

いまどき関西弁なんかテレビで芸人さんがしゃべってるし珍しくないやろ!!と。

でも、逆にテレビで喋ってるのを聞くから、目の前で関西弁出ると、おおおおーーーっとなるそうです。

ほんとにそんな風にしゃべるんだーってなるそうです。

ほんまなんやそれ…。です。

 

でもいいんです。

みんな関西弁ってきつい!とか嫌なイメージはないみたいなので。

関西弁喋るだけでおおおおーーーって思ってくれるならそれはそれでラッキーです。

 

で、そんな関西弁満載の我が家で次男が初めての関西弁を覚えました。

「あかん」です。

何かあるごとに「あかん」言います。

次男はまさに今「いやいや期」ですが、我が家では「あかんあかん期」です。

寝言も「あかーーーん!!」です。

私におもちゃを取り上げられる夢でも見ているようです。

知的障害児の長男5歳、OT・STで初の試み。

昨日は初めて長男のOT(作業療法)とST(言語療法)を同じ日に受けてみました。

今までは長男の集中力が続かないだろうと、日を分けて月に2回通っていました。

が、先月のSTで、先生に、

「長男君ならできると思いますよ」

と言っていただけたので、試しに受けてみることに。

 

13時に次男を保育園に預けて、長男を園に迎えに行き、まず13時50分からOTを受けました。

OTはいつも通りの安定感で先生の出す課題をこなしていきました。

今日は発達の検査をしますということで、普段やらないような課題が出てくる出てくる。

できないこともあるけれど、できることはしっかりこなす長男。

 

が、これがやはり少し疲れた様子。

終わってから、いつもはプレイルームに行こうとせがむのに、昨日はなぜか「おうち、おうち」と帰ろうコール。

休憩10分の間に、自販機でジュースを買って飲ませて、機嫌がよくなったところで14時40分からのSTへ。

 

STは今回から新しい先生に変わって、どんなもんかと思っていましたが、長男は先生が変わったことなんて全く気にせず、課題をこなしていきました。

こちらもいつもの安定感で一度も席から立たず、最後までできました。

 

でも、私的には、やっぱりちょっと長男しんどかったかな?という感じ。

おうちコールなんて初めて出たし、STの後も「牛乳、牛乳」うるさいし。

プレイルームに寄れず半べそかく時もあるのにちょっと気にする程度で騒がないし。

でも、STの先生的には

「全然いいんじゃないですか。」と。

「最後まで落ち着いて座ってたし、課題もちゃんと取り組めてました。」と。

ということで、来月もう一度2つ続けて受けてみることにしました。

 

できることなら、私は2つ続けて受けてほしいんです。

なぜなら、

①私が2日間訓練に付き添わなくてはいけないのが1日で済む。

次男を保育園に1日(4時間)預けるだけでよくなるので、保育料1,000円がうく。

③長男の訓練代が530円うく。

から。

まぁ、お金は長男のためなので、別にいいんですが、次男を保育園に連れて行って、長男を園まで迎えに行って、訓練に付き添って、終わったらまた次男を迎えに行って、と、それなりにパワー使うんで1日で両方受けれればホント楽。なのです。

 

ただ無理は禁物。

長男はどちらかというと褒められて伸びるタイプ。

本人がいやーってなっているところを、もうちょっとだから頑張りなさい!!はまったく通用しない、というか逆効果。

自分からやる気になってるところをさらに「すごいね、すごいねー」と褒めてあげれば「えへへへへー」と頑張る。

母は長男を褒めて褒めてDQ50を目指す!!!!

無理だと思うけど!!!!

続、過去の住民トラブル。

その後、しばらく静かだったおばあちゃん。

が、長男を妊娠して臨月に入ったころ、おばあちゃんから電話がかかってきました。

 

「もうずっと我慢してきたけどいい加減にして」と。

その日、私は家で運動器具を使って歩いていました。

違う商品ですがこんな感じのです。

病院から歩くように言われて、雨の日だったり着替えたりするのが面倒な日は運動器具を出して、テレビを見ながら歩いていていました。

すると、その日は下から「コンコン!!」となんとなく音が…。

「おや?」っと思いつつ続けたら「コンコンコンコン!!」とまた音が。

おばあちゃんが棒か何かで下から叩いていたんです。

で、電話がかかってきました。

むこうはとても興奮していたので、なんて言われたかよく覚えていません。

内容的には、

「今自分は外出先から帰ってとても疲れて落ち込んでいる。やっと、家で落ち着けると思ったら上からひどい音が響いてきた。生活音しか出していないというならその家は欠陥住宅だ。不動産屋に言って直してもらえ。私はたくさん薬を飲んでも夜グッスリ眠れないのに、音出されて余計眠れないんだ。」

みたいなことをわわわあーーーーーーーっと言われました。

もうね、病気やなと思いました。

なんかあるなと。

 

すぐに理事長さんに電話で相談しました。

その年の理事長さんは40代くらいの男性で、フットワークが軽く「じゃあ僕今から行きましょうか?」と言ってくれました。

私もぶちぎれてたので、すぐにおばあちゃん家に言って、

「一度ちゃんと話し合いたい。今から理事長さんが来てくれると言ってます。どうですか???」

と言ってやりました。

が、電話では強気にやいやい言ってきたくせに、急に弱気になって、

「今からは困る、今は無理、別の日にして」と。

結局、日程を調整して、別の日におばあちゃん家で話し合いをすることになりました。

 

当日は私を心配して近所の母が駆けつけてくれました。

時間ピッタリに理事長さんも到着。

話し合いが始まりました。

 

まずは、おばあちゃんが薬の袋をごっそり出してきました。

今自分はこんなに薬を飲んでいる。

夜は薬を飲んでも、静かに気持ちを落ち着けないと眠れない。

とか何とか一方的に話始めました。

とりあえず、おばあちゃんの話を3人で聞いてあげました。

正直、私的には、理事長さんはこれだけで私の方にそんなに非がないことを分かってくれたなと安心しました。

 

おばあちゃんの話が一段落したところで、私の母におばあちゃんの家に残ってもらい、私と理事長さんが上の階から音を出して本当にそんなに響くのか試してみることにしました。

母は「聞こえるといえば聞こえるけど、気にはならない。」と。

(これは後から聞くと、『おばあちゃんが横からずっと話しかけてきて、そっちがうるさかった!!』とちょっと怒っていました。)

理事長さんも

「ベランダのサッシを見たけれど、僕の家と音はそんなにかわらない。物も少ないおうちで、そもそもそんなに音を出すものがない。運動器具もそんなに音が出たり振動が出るものではありませんでした。」

と言ってもらえました。

結局、お互いに日頃から声を掛け合ったりすることで、音は気にならなくなるはず。

もう少しコミュニケーションをとりましょう。みたいなところで話は収まりました。

 

ちなみに私の母が気にしていたのは産まれてくる赤ちゃんの事。

「もうすぐ赤ちゃん産まれるので、うるさくなると思うんですがすいません。」

とおばあちゃんに頭を下げてくれました。

これにはおばあちゃん、

「子供はいいのよ!子供はうるさくてもいいのよ!気にしないで!」

と言ってくれました。

 

それからはおばあちゃん、何も言ってこなくなりました。

 

長男が1歳の頃に私たちは引っ越しをしました。

最後にあいさつに行くと、笑顔でさよならを言ってくれました。

でも、きっと相当うれしかったはず。

私もスッキリしました。

引越し先は姉が買った分譲マンション。

異動で3年空けなくてはいけなくなるから住んでくれないか?と言われ、喜んで引っ越しました。

下の階はおばあちゃんが住んでいましたが長期入院中。

快適でした。

 

今住んでいるマンションの下の階の方はなんと保育士さんをしているママさん。

斜め下も小さな女の子のいるご家庭。

どちらも最初に挨拶に行くと「音とか気にしないでください。」と言ってくれました。

 

そんなわけで今はいい人が下の階にいるので、とても快適に過ごしています。

が、やはりドタバタ長男と次男が走り回るとドキッとします。

特に長男は夜明けとともに起きるので、フローリングでガチャガチャ遊び始めたら、飛び起きて移動させています。

一軒家だとこんなこと気にしなくていいんだよなーと思うと、いいな一軒家…。

と思います。

なんか、思い出して書いてたらどんどん一軒家が魅力的に思えてきた…。

庭付き一戸建て、賃貸でさがしてみようかな――――。

我が家の住宅事情。と過去の住民トラブル。

最近旦那さんが賃貸情報をチェックしています。

この間、「今度不動産屋さんに行こう」と誘われました。

サクッと断りましたが、どうも旦那さんは一軒家に住みたいようです。

 

旦那さんは小学生の頃に長野に家族で引っ越して、大学進学で家を出るまで一軒家に住んでいました。

私は、産まれてから団地(しかも5階)暮らしでした。

両親は今もそこに住んでいます。

実家を出てから、

①単身用のマンション

②姉の買ったマンションで同居

③旦那さんと実家近くの別の棟の団地で同居(その後結婚)

④姉のマンション(姉異動でマンションが空いたため)

⑤現在のマンション

と引越しを重ねてきました。

一軒家には住んだことがないんです。

一軒家に住む自分が想像できません。

 

でも、今年の夏、旦那さんの実家の庭でビニールプールで遊ぶ息子たちを見て、旦那さんは一軒家いいなーと思ったようです。

 

今住んでいる地域の人々は基本的に一軒家に住んでいます。

結婚したら家を建てるが当たり前みたいで、ママ友にも最初の頃マンションに住んでいると言うと少し驚かれました。

そして遊びに来たママ友は、「見晴らしいいね―」と驚いていました…。

4階建てのマンションの4階なのに…。

でも、確かに周りが一軒家ばかりなので、遠くを走る新幹線がばっちり見えます。

障害物がないので、新幹線が走る音も聞こえます。

あと、夏の間、それなりの規模の花火大会の花火がばっちり見えます。

 

そんなこんなで私はそれなりに気に入ってるんですが、旦那さんは長男の進学の前後で引っ越したいと思っている様子。

現在の住まいは、3LDK、駐車場2台分無料、ネット無料で月8万円。

場所もこのあたりではかなり便利なところ。

これ以上の物件があるとは思えないんですが、少し様子を見ようと思います。

 

ちなみに、一軒家いいなーと私も思います。

というのも、実家近くの団地に住んでいた時、とても嫌な思いをしました。

それは、引っ越して1年も経とうかという頃に起こりました。

その頃私は事務のお仕事をしていて、旦那さんは、まだ大学院の学生でした。

 

その日は確か土曜日。

旦那さんは学会か何かで前日から出かけていて、私は休日で掃除をしていました。

「ピンポーン」とチャイムが鳴ったので出てみると、下の階のおばあちゃんでした。

なんだろうと開けてみると、

「ごめんなさいね、掃除機の音が聞こえたからいらっしゃるなと思って」と。

「あ、はい…。(で、何?)」

「もうね、前からずっと我慢していたんだけど、音がね、ひどいのよ。」

私たちが引っ越したその日からうるさくてうるさくて我慢してたけど、我慢の限界だとおばあちゃんは言いに来たのです。

 

いやもういろいろ言われました。

・ダイニングテーブルの椅子を引く音が響いてくる。

・ベランダの開け閉めがうるさい。

・足音がどの部屋にいったか分かるくらい聞こえる。

・料理中の包丁のトントンがうるさい。

とか何とかいろいろ言われました。

 

私からすると、は???です。

・ダイニングテーブルないし。それうちちゃうやろ。

・築40年以上の団地で、サッシ変えてないねんから多少うるさくて当たり前やし。

(風が吹くとガタガタ言うようなサッシでした…。)

・うちやって上の階の人の足音聞こえるけど、そんなん気にせんし。

・包丁トントンが聞こえるとか、それ耳澄まして聞いてるやろ!!

です。

 

しかも、めっちゃ気持ち悪いことを言われました。

「あなた昨日遅くまで起きてたでしょ?1時くらいに足音が聞こえたわよ」

です。

起きてましたよ。

旦那さんいなかったんで、居間のこたつに入って1時くらいまでマンガ(確かワンピース)読み漁ってましたよ。

でも、それ言う必要ある???

ていうか夜中1時に居間からとなりの寝室に移動した足音とかもう絶対うるさいとかじゃなくて耳澄まして聞いてるやん!!

気持ち悪すぎる!!

 

さらに、

「引っ越ししてすぐのころに団地の理事に相談して、理事長さんが不動産屋さんに連絡入れてくれたはず、不動産屋さんから聞いてるでしょ?」

「それはちょっと知らないですね…。」

「そんなはずない、理事長さんからちゃんと連絡してもらったから」

・・・・・・。

もうこの時点で私はドアを閉めたくて閉めたくて。

とりあえず、

「そんなにひどく音を出しているつもりはないんですけど、これからは今以上に気をつけます。不動産屋さんにも確認してみます。すいません。」

とか何とか言って、話を切り上げました。

 

不動産屋さんにすぐに電話して確認してみると、

「確かにそういう連絡はありました。

でも、本当に引っ越した次の日とかだったので、理事長さんとも今は片づけで音が出ても仕方ないからしばらく様子を見ましょうという話になりました。

別の棟にご両親がいて、ご本人も最近まで住んでいたので、〇〇団地の大体の事は分かっているし、ちゃんとした方なので大丈夫ですと理事長さんにもお伝えしました。」

という事でした。

逆に、やはりおばあちゃんの異常性を気にしてくれて、寝た時間まで言ってくるのは不気味ですね…。と。

また何か言ってきたらこちらも何らかの対応します。と言ってくれました。

 

しかし、それから一週間くらいたったある日事件は起きました。

その日は私は仕事で不在。

旦那さんは徒歩3分の大学に通ってて、何かの用事で家に帰ってきた時に、おばあちゃんと理事長さんと、私たちが住んでいる部屋のオーナー代理(同じ棟に住んでる)の3人で、勝手に話し合いが行われている現場に遭遇したのです!!!!

理事長さんが旦那さんを見て、「あ、ちょっとちょっとあなたも来なさい」と言われて行ってみると、私が言われたことをもう一度ねちねちとおばあちゃんに言われたそうです。

これには旦那さんも激怒!!!!

「僕たちは平日は日中家にいないし、そもそも普通の生活音しか出してない!!むしろ今くらいの音で文句言われるくらいやったらここには住めません!!出ていくしかないです!!」とちょっと大きい声を出したそうです。

24歳の若造でもそれなりの迫力があったようです。

しかも!!そのおばあちゃん、犬を飼っていることを秘密にしていたんです!!

私はもちろん知ってましたけど、もうその棟ではみんな見て見ぬふりかなと思っていたらそうではなかったようで、理事長さんも驚いていたそうです。

結局、「あなたも犬猫禁止なのに犬飼ってるんだから、お互い気を付けて生活したらいいんじゃないか」みたいなところに収まって旦那さんは解放されたそうです。

 

さぁこれで終わると思った騒音問題。

終わりませんでした。

 

続く

 

特別支援学校の見学。

今日は長男の進学先の候補の1つになっている特別支援学校の見学に行ってきました。

長男は年中なので、来年の今頃には本格的に進路を決めて動き出しているころ。

早いものです。

 

長男の進学先候補には特別支援学校が2つあります。

1つは受験のある〇〇大学附属特別支援学校。

もう一つは市立の支援学校。

今日は附属の方の見学に行ってきました。

 

こちらの学校、なんと1学年が3名。

もちろん長男が受験する年も定員は3名。

倍率は2~3倍。

しかも、毎年の傾向からおそらく長男が受験する年は男子1名女子2名が合格する年。

狭き門です…。

 

が、学校自体はとても魅力的。

2年生までは先生が生徒2人に1人着くという手厚さ。

人数は少ないけれど、2学年で1クラスなので、クラスは6人で、一応毎年クラス替えもある。

近くに付属小学校があって交流もかなりあるそう。

学校内に放課後デイもある。

毎日送迎しないといけないけど、家からそんなに遠い距離でもない。

そして、やはり市立の支援学校の先生よりも専門性を感じる。

是非、入れたい!!

なので、とりあえず落ちるの覚悟で受けることにしました。

まぁ来年ですけど。

 

でも、なんですかね、やはり小学校の支援学級に入れたい気持ちも実はあります。

ST(言語療法)の先生には

「オムツ外れてないし、DQ50(実年齢の半分くらいの発達)くらいはないと。」

と言われています。

長男は去年の検査でDQ32。

来月、児相で検査ですが、50はないよな、というのは素人の私でも分かります…。

でも、支援学級で、近くに健常児の子供達がいて、刺激をもらえれば、もっともっと伸びるんじゃないか、とか思ってしまうんですよね…。

でも、でも、支援学級に行った子のお母さんの話を聞くと、支援学級の先生はそれこそ素人だから、当たり外れがやばい、と。

ま、でもそもそも学校側が受け入れてくれなければどうにもならないんですが…。

 

私の周りのママさんたちもみんな悩んでいるようです。

本人がここに行きたい!!って言ってくれたらめっちゃ楽なんですが…。

 

しかも再来年には次男も幼稚園入園予定。

次男は近いが1番!!で、近所の幼稚園に放り込む予定ですが。

来年はこの時期、幼稚園と支援学校の願書の提出でバタバタするんやろうな…。

ガラピコぷ~のぬりえ完成!!そして授与!!

本日とうとうとうとう長男にガラピコぷ~のぬりえを渡してあげることができました。

母、疲れました…、ちょっと寝不足です。

昨日の朝から旦那さんが泊りの仕事で出かけているので、ラストスパートかけました。

 

長男はというと…。

f:id:Qoopi:20170909203742j:plain

ペラペラペラペラ。

f:id:Qoopi:20170909203729j:plain

 大好きなチョロミーのページで、

「えへへへへーーー」とにんまり。

大喜びです!!

 

今回のぬりえはキャラクターが3人(匹?)しか出てこないので、とにかくまずチョロミーだけを一気にぬりました。

そしてムームー、その次ガラピコをぬって、キャラクターがぬり終わってから背景をぬっていきました。

色鉛筆を持ち替える回数を少なくする作戦だったんですが、途中から飽きてしまったので、楽しくぬれたか、というとちょっと、というかかなり微妙…。

でも、私は長男の喜ぶ顔が見たかっただけなので、いいんです!!

 

では、頑張ったページランキングを発表します。

第3位はこちら!!

f:id:Qoopi:20170909211141j:plain

これはもうただただ「ほしのきさま」がめんどくさかった…。

木の幹を写真で確認しながらぬりぬり。

なんかいっぱいついてる星をぬりぬり。

しずく星の神様的存在の「ほしのきさま」なので丁寧にぬりました。

 

そして第2位!!

f:id:Qoopi:20170909211300j:plain

これはこの四角を一個一個ぬらなあかんていう…。

ぶわーーーー!!ってぬったろか!!とちょっと思いましたが、できませんでした。

丁寧に一個ずつぬってしまいました。

ただただ黙々と四角をぬりつぶしていくのがしんどかった…。

 

そしてそして栄えある第1位はこちら!!

f:id:Qoopi:20170909203759j:plain

この左のページ。

「すきなえをじゆうにかこう!」

ただぬっているだけのこちらからすると、

「いらんわ、こんなページ…。」です。

機械的にぬるだけのほうが100倍楽やわ!!

でも、これも愛する長男の為!!

母はマジで、本気出して、長男の好きなモミヤン描きました。

f:id:Qoopi:20170909203841j:plain

見本はみいつけた!のぬりえ。

f:id:Qoopi:20170909203804j:plain

いや、ほんま疲れました。

20分くらいで描けましたが、どのページよりも集中してました。

もう二度とぬりえなんかするか!!と思いました。

 

でも、次があるんですよね…。

そうそうこれこれ…。

f:id:Qoopi:20170829120346j:plain

たぶんしばらくガラピコぷ~を楽しんでくれると思うので、ちょっと、というかだいぶ休憩して、心に余裕ができたらぬり始めようと思います。

新しい色鉛筆欲しいな~