旦那さんが次男を甘やかすのが困る。

旦那さんは次男に甘い。

いや、長男にも甘いけど、長男はそもそもわがままをほとんど言わないし、だだもこねない。

でも、旦那さんは次男のわがままをどんどん聞いてしまう。

 

昨日の朝、次男はなかなか朝ごはんを食べなかった。

そもそも椅子に座らない。

そういう時は、私も無理には座らせない。

食べたくないなら食べなくていい、というスタンス。

が、長男が朝食後のヨーグルトを食べているのを見て、「ごはん、たべたい」と言い出したので、じゃあ座りなさい、となった。

昨日の次男の朝ごはん。

納豆ご飯、玉ねぎの味噌汁、ソーセージ、きゅうり、特別に苺。

それを全部食べられたらヨーグルト。

好きなものばかり。

なのに、ソーセージはなぜか吐き出し、きゅうりと苺だけ食べて、「いらん」と言って椅子を降りた。

理由は簡単、先にご飯を済ませて遊んでいる長男を見て遊びたくなったから。

そういう理由のご飯の中断は私は許さない。

座ってまだ5分も経ってない。

「ダメ、もうちょっと食べなさい、勝手に椅子から降りない、座りなさい」

「やだ!いらん!」が繰り返される。

そこに、長男と先に朝ごはんを済ませて、トイレに行ってスッキリした旦那さん登場。

「俺が食べさせるよ、もう君も次男も引っ込みつかんくなってるんやろ」と。

なんか言い方ムカつく…。

しかも、朝ごはんの片付けはつわりが始まってからは旦那さんの仕事なのに、今から旦那さんが次男のご飯始めたら、私が片付けせなあかんやん!

くそう、ムカつく…。

と思いながら渋々交代。

「次男、パパとご飯食べようなー」と甘ったるい声出して、食べさせ始める。

次男もよくわかっていて、私に叱られる時、パパがいると助けを求める。

なので、ご飯を食べる。

ここまではまぁいい。

私は叱る役でもいい。

でも、さらに旦那さんの甘やかしは続く。

ご飯中、次男はおもちゃが欲しくなると取りに行こうとする。

旦那さん、これをあっさり、許す。

「戻ってきてちゃんと食べるんやで」と。

しかも何回でも。

そして食べながら遊ぶことも許す。

次男がおもちゃで遊んでるところに、旦那さんが横からご飯を入れる。

ええんか、それ? あかんやろ!!!!

「次男!!遊びながら食べない!!」と私が我慢できずいうと、「いや!!」と言っておもちゃを投げる。

これにも旦那さん怒らない。

そして次男、また別のおもちゃで遊ぶ。

 それでもなんとかイライラしつつも次男のご飯は終了。

まーそら、遊びながらやったら食べるわな!

 

その後、長男と次男がテレビを見始めて落ち着いた頃にメイクをしに洗面所に行ったら、リビングにいる長男の声が聞こえてきた。

「しょうかい(コレナンデ商会)いや!スイッチ(ピタゴラスイッチ)見る!」と。

これに旦那さんが、「ダメ、商会見なさい!」

はぁああああああああああああ??

なんで?ええやん!録画のピタゴラスイッチに変えたれや!!

私はいつも変える派。

朝は忙しい。

長男と次男が静かに見てくれるならコレナンデ商会でもピタゴラスイッチでもどっちでもいい。

「なんで?つけたりぃや。何があかんの?」と言いに行くと、

「え?いいの?君、商会見なさいって言ってなかったっけ?」

「言うてへんわ!長男がここまでいやいや言うたら変えとうわ!」

たぶん、たまに私が「商会も見たりぃやー」とか言ってちょっと長男を焦らしていた時のことを言っている。

「なんで長男の「しょうかいいや!スイッチ見る!」があかんくて、次男がご飯中におもちゃ取りに行って遊びながらご飯食べるのはオッケーやねん!!私はそっちの方をどうにかしてほしいわ!」

とキレると、「そうやな、気をつける…。」と。

気をつけるちゃうわ!!自分で考えろ!!子供のことをよく考えろ!!

自分が子供だった時のこと思い出せ!!

お父さんお母さんが遊びながらご飯なんて絶対許したはずがない!!

 

そう、旦那さんのお父さんは、孫には超絶甘いが自分の子供には超絶厳しかった人。

だから、旦那さんは子供をまったく怒らない。

ちなみに旦那さんは私にも怒らない。

子供にも私にも甘い。

でも、あかん、躾は、ちゃんとせなあかん。

ご飯中は立ち歩かない、遊ばない、なんて基本中の基本でしょ?

 

ちなみに次男、私と2人、もしくは私と長男と3人の時は遊びながら食べない。

普段旦那さんが許すから、時々おもちゃを欲しがるけど、「ダメ」といえば駄々をこねつつも諦めてご飯を食べる。

お腹がいっぱいでもういらない、となったら、手を合わせて「ごちちちた!」と言える子。

できる子なのに、旦那さんがいる時はややこしくなる。

次男ももうあと4ヶ月で3歳。

ちゃんといろいろ理解できるお年頃。

これは一度ちゃんと話し合った方がいいかもしれない。

 

にしても、自分のお父さんが厳しすぎて、自分の子供に怒ることができなくなるなんてあるんやなぁ。

私は自分の親をお手本にするのが当たり前だと思ってた。

我が家は4人兄弟だけど、誰もグレなかった。

みんな自立してちゃんと生活してる。

多分両親は子育てを終えて、孫8人(そのうち9人)と時々過ごす割と幸せな老後をスタートしたと思う。

旦那さんは3人兄弟。

こちらも誰もグレず、みんな立派に自立して、孫は3人(そのうち4人)。

まだ若いから仕事していて、元気で楽しそうに生きてる。

多分どちらの家も、それなりに子育てをキチンと成し遂げた親だと思う。

でも、旦那さんは自分の父親を手本にする気にはなれないらしい。

………。

そんなに、そんなに厳しかったのか…。

それは……それはそれでちょっと気の毒か……。

長男、園バスでプチパニック。

年長になって、園バスの席が変わりました。

 

年少の時は真ん中あたりの窓際。

長男は問題なく乗るも、隣の女の子が眠ろうとする長男を起こすので一度席替えがありつつも特に問題なく1年終了。

 

年中は一番前の運転手さんの隣。

おそらくほっといても大人しく乗ることができるから優等生席だったと思われる。

運転手さんとも仲良くなって、1年問題なく終了。

 

さて、年長は一番後ろの窓際。

ここも多分優等生席。

大人の目が意識しないと全く届かない席。

そして長男、期待に応えて、優等生をしている様子。

朝はスタスタ乗ってチャキっと座る。

帰りもバス停に着くまでは問題なく乗っている様子。

 

ところが。

バス停に着くと早く降りたいのに降りられなくて泣く、という思いがけない事態が…。

一番後ろの窓際だと、バス停についてもなかなか降りられない上、私の姿が見えず不安になってプチパニックを起こしてしまっている様子…。

しかも、長男のプチパニックが長男の隣の席で同じバス停で降りる女の子に伝染し、2人で泣きながら降りてくる、という悲惨な状況…。

年中の頃も最後に降りることはあったけど、なんせ一番前なので私がいるのがすぐに確認できるし、特に問題なかったのが、まさか年長でこんなことになるとは…。

 

来週から年少さんもバスを利用し始めて、今のバス停を利用する子供が5人になるのに、どうなるやろか…。

席、変えてほしいなとも思うけど、降りる時以外はほっといても安心な長男。

先生たちは目を離せない子を優先的に配置するから、変えてもらえないかなー。

そのうち慣れてくれるといいんやけど。

 

さて、なぜ長男がこんなことで泣く子になったか。

これにはきっかけが実はある。

それは去年の心臓の手術のための入院。

それまでは長男は私にそんなに依存してなかった。

実家や義両親に長男を預けて、「じゃあ」と私が出かけても、全然動じない子だった。

いようがいまいが気にしないレベル…。

ちょっと寂しい気もしたけれど、預けるのには楽だったのでよしとしていた。

それが、入院中、6日間、べったり一緒にいたら、泣く子になってしまった…。

入院中もそんなに寂しがる子ではなかった。

朝、昼と「ご飯食べてくるよ」と離れてもニコニコしてDVDを見ていた。

夜、長男が眠ってから、実家に帰っている間、長男が目を覚ましていたことがあったけど、看護師さんに電気をつけてもらって、一人で静かに本を見て私の帰りを待っている、そんな子だった。

が、静かに、静かに、長男の中で変化が起きていた様子。

 

退院して、ようやく私も解放されて、長男と次男を預けて出かけたら、長男が泣くようになった。

玄関で扉を閉めると、「わーーーっっっ」と長男が泣くのが聞こえるようになった。

そーっと出かけると、しばらくして気づいて、「ママ、ママ」と私を探すようになった。

なんてこった!!

あんなにクールだったのに!!

でも、かわいい!!!!

ちょっと困ることもあるけど、地味に立ち直りの早い長男。

泣くけど、そのときだけだし、やっぱり泣かれるとちょっと嬉しい。

帰りのバスはそのうち慣れてくれることを願う…。

 

さて、今日は長男のお迎えの後、駅まで両親のお迎え!!

やったー!やっとやー!

次男の散歩は丸投げやーーーー!!

しんどいしんどいしんどい。

妊娠12週に入りました。

つわりは相変わらず。

昨日は天気が良かったので次男と公園へ。

そしたら夕方からもう全然動けない…。

今日は朝からしんどい、気持ち悪い…。

長男を園バスに乗せて、出かけたがる次男をDVDとフルーチェで誘ってなんとか帰宅。

食べてないのに吐き気。

食べても吐き気。

12〜16週でつわりは落ち着くってほんまやろか…。

もう今日は、何もしない、何もできない。

先生にちょっと不満。

長男の新しいクラスの先生に、結構年配だけど、今年園に入ってきた先生がいる。

ここ2週間ほど、長男の連絡帳をそのM先生が書いてくれているけど、なんか、なんか、しっくりこない。

おそらく60歳前後な雰囲気の先生。

「長男くんの成長を感じる」とか書かれても、

「いや、まだ出会って2週間やがな…。」とか思ってしまうし。

私が、「今日もたくさんウンチが出て、絶好腸です。」と書くと、

「調→腸」と訂正してくるし。

え、ウンチが出て絶好腸って通じへんのか???

 

なんとなく、不安な気持ちになったので、ちょっと意地悪かもしれないけれど、先生を試してみることにした。

試しに書いてみた内容は、

「年中の時、お友達を突き飛ばしてしまうことがあったのですが、年長になってその後どうですか?」

だいたい今までの傾向だと、こういう内容の時はリーダーの先生が返事を書いくれていたので、さてどうかなと、返事を見てみたら、返事はまたM先生。

しかも、「お友達を突き飛ばすことはありません。安心してください。」と。

ほんまかいな!!

 

そしてさらに、昨日の連絡帳。

私が書いた内容は、

「朝から右目をかゆがって少し赤くなっています。かくのをやめさせると落ち着いたので様子見です。」

これにはM先生、無反応。返事なし。

「園ではかいていませんでした」とか「目を気にする様子はありませんでした」とかないんか?

 

ますます不安になって、これはちょっと、どうしよう。

とか思っていたら、夕方、長男のクラスのO先生から電話がかかってきました。

内容は、「目のことを連絡帳に書かず、すいません。園では目をかくことなく過ごしていました。と、お伝えしようとお電話しました。」と。

やんな!!やっぱりそうやんな!!普通書くよな!!と心の中で叫んでしまいました。

O先生はついでに園での最近の長男の様子も話してくれました。

その時に出たのが、「ふと、お友達に手が出ることがある。」と。

ほらーーーーー!!!!!やっぱりーーーーー!!!!!

あかん!!M先生あかーーーーーん!!

 

長男のクラスは園児10人に対して先生は5人です。

連絡帳は1人で2人分書く計算。

ちゃんと書こうや…。

年中の時のこと知らんねんから、他の先生に聞いてみてや。

絶好調ちゃうわ!!ウンチのこと書いとんねんから絶好腸くらいわかれや!!

 

とかちょっと、イライラした昨日でした。

あーちょっとスッキリした。

次男との時間。その2。

昨日は結局夕方から少しづつしんどくなりました。

あかんわ、やっぱりちょっと頑張ると後でくる…。

今日は絶対どこも行かへん!

って思ってましたが、やはりピークは過ぎたのかちょっと調子がいい!!

でも、あかん、調子乗ったら後から後悔するし。

と、思って長男を送りましたが、やっぱり少しくらい、と公園へ出かけてしまいました…。

 

三輪車を押すのは嫌だったので、車移動にしました。

家から10分くらいの大きな大きな大きな公園。

久しぶりすぎて、次男めっちゃ喜んでいました。

そして驚いたのが、桜!!

めっちゃ残ってる!!

花見まだまだ出来そうなレベル!!

新潟すげえ!!

f:id:Qoopi:20180413121025j:plain

今年は桜は見られないな、と諦めていましたが、結構がっつり見れました。

ただ、寒い。

気温は11度プラス風。

車移動だとついつい薄着になってしまう今日この頃。

普通に寒かった…。

次男は行きたいところへチョロチョロチョロチョロ。

40分ほど自由にさせて、帰りはジュースで釣って車に乗せました。

 

明日明後日は雨予報の新潟。

帰りに子供用にDVD、大人用に漫画をレンタルして帰宅です。

次男が選んだのはプレーンズ2。

さて、長男が見てくれるかどうか…。

次男との時間。

私の母曰く、一生の間で子供と過ごす時間の半分は子供が5歳の時には終わってしまっているらしい。

長男は私が生きている限りは出来るだけ一緒にいるやろうからいいとして、次男は…。

 

次男、今年の8月で3歳。

来年からは幼稚園に入れる予定。

次男と過ごす時間はどんどん少なくなっていく。

なので、今年度は次男と密な時間を過ごそう、と思っていたけど、今は、体が着いていかない。

春になったら公園いっぱい行こうと思ってたけど、長男をバスに乗せた後、次男をうまく誘導して家に帰ってしまっている…。

ごめん次男。

本当にごめん。

 

とかちょっと昨日思ってセンチメンタルになってたら、今日はなんか体調がマシ!

天気もめっちゃいい!!

「次男、三輪車乗って公園行く?」

「そうね!さんりんちゃね!」とノリノリ。

三輪車があれば、とりあえず抱っこを回避できるし、久しぶりに三輪車を出して公園へ!!とか思ってた私が甘かった…。

次男、公園拒否。

三輪車でとにかく行きたい方向へ「あっち!あっち!」と私に三論車を押させる。

せやった、秋頃三輪車でそんな散歩ばっかりしとったわ…。

結局1時間、ずっと三輪車を押して歩く羽目に。

途中、ソフトクリームで休憩して、また三輪車を押してようやく帰宅。

次男は一瞬で夢の中。

満足してくれたやろか。

「今日のオレしあわせーーーー」って思ってくれてるといいなぁ。

 

さて、天気予報では明日も天気はいい予報。

明日も今日くらい体が楽だといいんやけど…。

Kくんのシートベルトのその後。

長男の園が新学期を迎え、またKくんの送迎が始まり、1週間が経ちました。

先生の助言通り、一番後ろの席でトレーニングを始めたところ、Kくん、どうしても一人がいいようで、弟のTくんのシートベルトをしている間にするりとすり抜けて真ん中の列にきてしまいます。

なので、仕方なく助手席の後ろの席に座らせることにしました。

今までとは違い、Kくんのお母さんがシートベルトを毎回しつこく閉めるので、Kくん、あっさりシートベルトを受け入れてくれました。

ただ、お腹のところだけ。

肩から斜めにするのはどうしても嫌みたいです。

園バスもお腹だけだし、とりあえず、姿勢は悪いですが、黙って座っているのでよしとすることにしました。

ただやはり日によって少し気分に波があり、今日なんかはちょっとグダグダ乗っていました。

でも、そこはKくんのお母さん頑張ってくれています。

「そんなだったら後ろにおいで」とKくんを引っ張って3列目に。

すると、Kくん、やはり一人がいいので、渋々言うことを聞いて、いつもの席でシートベルトをして座っていました。

家の車でも、厳しくやっているようで、助手席に黙って座っていることもできたそうです。

すごい進歩です。

バス停に着いても、じっと座っていてくれることも増えてきたので、隣の次男とも揉めることが減りました。

 

ちなみに次男、やはりKくんたちがシートベルトをしないことに疑問を持っていたようで、最近は、Kくんが座ると、「シートベルト!シートベルト!」と注意します。

Kくん、シートベルトを自分ではしないので、お母さんがつけてくれるのを待っているのですが、次男がしつこい…。

そのうちKくん怒るんじゃないかとちょっと心配です。

助手席の長男と運転席の後ろの次男を入れ替えようかと考え中です…。